「優秀なのに地味なアンチェロッティ監督」

私はサッカー監督の本やインタビューを読むことが好きで、割と色々な監督の本を読んできました。別にサッカー監督を目指しているわけではありませんし、私自身はサッカーと無縁の生活をしているのですが、なぜか好きなのです。

それでサッカー雑誌を読んでいると、よく名将特集などとして世界の偉大な監督が取り上げられていることがあります。

そんな時よく見かける監督は、アレックス・ファーガソン、モウリーニョ、グアルディオラ、カペッロ、ベンゲルなど。最近だとシメオネや元ドルトムント監督クロップやドイツ代表のレーブなども見かけることがあります。

そんな中今回取り上げるこの本の著者であるカルロ・アンチェロッティ監督ですが、なぜか雑誌であまり見かけることがありません。彼はユベントス、ACミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードといった世界の超ビッグクラブを監督として渡り歩いてきました。

そしてチームをリーグ優勝させたり、世界最高の大会でもあるチャンピオンズリーグで2度も優勝しているにもかかわらず、どういうわけか日本のサッカー雑誌で大きく取り上げられているのを見たことがあまりありません。

ですから私はインタビューも読んだことがありませんでした。(単に私が見逃しているだけかもしれませんが)

 

たしかにアンチェロッティ監督と言うと一見これといった特徴がありません。カペッロのような鬼軍曹タイプでもなく、モウリーニョのように過激な発言をしたり審判や相手の監督を激しく批判するイメージもありません。

また、アンチェロッティが率いるチームのサッカーも、超攻撃的とか超守備的とか、特殊なフォーメーションであるという特徴もないので、やはりとにかく地味です。

見た目の印象も、試合中に大声で指示を出している姿もほとんど見たことがなく、ガムを勢いよく噛み続けている風間杜夫に似た白髪のダンディなおじさんというぐらいのイメージしかなかったのです。

正直なところ、結果を出してきたと言っても率いてきたのは世界の強豪ばかりですので、「選手が優秀だから勝てただけなのではないか?」というのは少し私も思っていたところです。ただ、とはいっても、出している結果が優秀であるのは間違いないですので、どうも気になる少し謎めいた監督でした。

そこでこの監督についてもっと知りたいと思っていたところ、日本でも2冊ほどアンチェロッティ本が出ていることを知り、そのうちの1冊であるこの『アンチェロッティの完全戦術論』を読んでみたら、それが非常に興味深いものだったのです。

 

「紳士で緻密な戦略家アンチェロッティ」

この本を読んでわかったのは、アンチェロッティが世界最高の舞台で結果を出し続けてきたのは偶然ではなく、必然だったということです。一見地味なこの白髪の紳士は、実は超緻密な戦略家だったのです。

例えば、パリ・サンジェルマンを率いてチャンピオンズリーグのバルセロナと戦った時には、この本で書かれているだけでも試合中のチームの約束事が20個以上ありました。

「バルセロナのジョルディ・アルバとダニエウ・アウべスがサイドで高いポジションを取った時はルーカスとパストーレがマークする」

「(ボールがバルセロナ陣内にある時に)攻撃に転じたら、両ウイングは内に絞ってバルセロナのボランチであるブスケツの左右にポジションを取る」

といったように、あらゆる状況に応じて緻密なルールが数多く決められています。

選手達は目まぐるしく変化する試合状況の中で、その都度このチームの約束事を実行しなければいけないので大変です。

 

それからもう一つわかったことは、アンチェロッティは柔軟かつ紳士的で、また、バランスというものをとても重視する監督であるということです。

例えば、彼は自分が率いるチームのフォーメーションは元々4-4-2を基本としていましたが、途中からチームの事情によってシステムはできる限りオーダーメイドが望ましいと考えるようになりました。

また、スタッフ、選手と良好な人間関係を築くことをかなり重要視しているのも印象的です。

アンチェロッティの仕事上のポリシーは「クラブの中で働くすべてのスタッフと良好な関係を築く。建設的かつポジティブな振る舞いを保つよう努め、言葉遣いにも注意する」というものです。

「結束の強いグループを構築できるかどうかは、監督が選手たちと、そして選手たち同士が良好な関係を築くことができるかどうかにかかっている」とのこと。

さらに彼はこんなことも言っています。「トレーニングでも、冗談をとばしたり笑ったりする時間と100%の集中力で取り組む時間をバランスよく配することで、選手も様々なプレッシャーへの対応力が高まる」と。

つまり、選手を常に緊張感のある状況に置くよりも、適度にリラックスを与える方がかえってメンタルの強化につながると考えているのです。

さらに意外だったのは、「サッカーはどんなレベルであろうと『ゲーム』であり『遊び』。プロフェッショナルとしての仕事の空間にも、遊び、楽しみの要素を忘れてはいけない」と書かれていたことでした。

ヨーロッパサッカーは戦争のように激しく厳しい世界ですし、とくに監督という職業は少し負けが続いただけで簡単にクビにされてしまう過酷な仕事ですので、そのような世界でもこのような考えを持っている監督がいるというのは新鮮な驚きでした。

 

これらのことからもわかるように、アンチェロッティは世界のサッカー監督の中ではおだやかで柔らかい部類の監督だと思います。

練習に遅刻してきたエースを重要な試合でも出場させないなど、締めるところはきちんと締めますが、選手やスタッフと良好な関係を築くよう努めながら結果を出し続ける。監督のそのようなプロフェッショナルな仕事ぶりに魅力を感じました。

 

「監督としての苦労と各国の文化の違い」

この本は基本的にはシステムや戦術、日々の練習メニューについて書かれた、現役のサッカー選手や監督向けのディープな本になっています。

ただそれ以外にも、アンチェロッティが監督としてデビューした頃の話や、各国のビッグクラブでのエピソード、これまで監督として経験した中で記憶に残る重要な試合についての回想などもあって、マニアでなくても楽しめます。

偉大な監督の本ではありますが、本人の話し言葉で書かれていますので、親しみと共感を持って読むことができます。

 

そして、これは他のどの監督も抱えている問題ですが、やはり控えの選手の扱いや試合中の選手の交代に関してはかなり苦労があるようです。海外サッカーを観ていると、交代を命じられた選手がベンチを蹴ったり監督を睨み付けてくるなんてことはしょっちゅうですよね。

この普遍的な問題に対してはアンチェロッティも、「通常、出場機会が少ない選手が練習でネガティブな振る舞いをすることがあり、選手に対して抜本的な対応を取る必要がある」と述べています。

ただし興味深かったのは、チェルシーを監督として率いていたイングランドでは控えの選手の扱いに手を焼くことがなかったという話です。イングランドでは国の文化として職業倫理の意識が非常に高く、試合に出られない選手も毎日の練習に全力で取り組むメンタリティを持っていたそうです。

また、これも同じ国の話ですが、イングランドでは試合の後、マスコミへの対応を終えた後で、ホームチームの監督が自分の監督室に相手チームの監督を招いて、お互いのスタッフを交えて交流するという習慣があるそうです。友好的な雰囲気の中で、軽食を取りながらおだやかに意見を交わし、時には冗談を言い合うのだそう。

イタリアではこのような友好的な交流は一切なく、アンチェロッティはこのようなイングランドサッカーの文化を評価していました。

 

各国のビッグクラブを渡り歩いてきた一流の監督の考えていることを知ることができて、とても貴重な一冊です。

 

 

アンチェロッティの完全戦術論

アンチェロッティの完全戦術論

  • 作者: カルロアンチェロッティ,ジョルジョチャスキーニ,片野道郎
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2014/06/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 

Kindleストアで、ビジネス書の半額セール「つい真似したくなる一流の仕事術・厳選95」が開催中です。

「厳選」と銘打っているだけあって、おもしろそうな本や人気のある本がちょいちょい揃っています。

あの読みたかった本がお得に買えるチャンスなので、欲しい本があればこの機会に積読本を増やして僕の仲間になりましょう。

f:id:kun-maa:20160111001132p:plain

 

セールのタイトルにもありますが、ビジネス書って読んだときは「つい真似したくなる」んですよね。でもそれがなかなか続かないのも現実。

だからこそ、次から次へと同じような内容の新しい本が登場してくるわけで。

なかなか悩ましいところではありますが、一冊の本から全てを真似しようと意気込むのではなく、一冊からひとつくらいは真似してみるかなって程度の意気込みで読んで実践してみるくらいの方が長続きしていいのかもしれません。

無理は続きませんからね。

 

【50%OFF】つい真似したくなる一流の仕事術・厳選95

 

それでは僕が気になった本を何冊かピックアップ。

ピックアップしながら気がついたんだけど、全部インプレスの本なんだね。 

日本の未来を考えよう

日本の未来を考えよう

  • 作者: 出口治明
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

  • 作者: Rochelle Kopp
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/02/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
僕たちは知恵を身につけるべきだと思う

僕たちは知恵を身につけるべきだと思う

  • 作者: 森田正康
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2012/08/13
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
自分の言葉で語る技術

自分の言葉で語る技術

  • 作者: 川上徹也
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2012/01/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
三日坊主で終わらないジョギング入門 ?「歩く」から始めて、楽しく続けられるランニング講座? impress QuickBooks

三日坊主で終わらないジョギング入門 ?「歩く」から始めて、楽しく続けられるランニング講座? impress QuickBooks

  • 作者: 下岡隆治
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/10/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
魔法少女と学ぶ! アドラー心理学入門 (impress QuickBooks)

魔法少女と学ぶ! アドラー心理学入門 (impress QuickBooks)

  • 作者: 橘龍介
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
会社員のための究極のタスク管理 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術  5つのコツで「時間」と「情報」は自由に使える! (impress QuickBooks)

会社員のための究極のタスク管理 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術  5つのコツで「時間」と「情報」は自由に使える! (impress QuickBooks)

  • 作者: 浜中省吾
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術

引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術

  • 作者: 豊田圭一
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
仕事はストーリーで動かそう

仕事はストーリーで動かそう

  • 作者: 川上徹也
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2011/12/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
ぶれない「自分の仕事観」をつくるキーワード80

ぶれない「自分の仕事観」をつくるキーワード80

  • 作者: 村山昇
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2011/10/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
[100文字・5ブロック・A4 1枚]速く作る仕組みで早期成約をめざす「勝てる企画書」をつくる教科書 (impress QuickBooks)

[100文字・5ブロック・A4 1枚]速く作る仕組みで早期成約をめざす「勝てる企画書」をつくる教科書 (impress QuickBooks)

  • 作者: 藤木俊明
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2013/04/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

他にも英会話関連の本やタスク管理の本など盛りだくさんなので、ざっと目を通して気になるものがあればポチッとね。

 

まあ、ビジネス書なんて実行してみてなんぼの世界ですから。読んだだけではダメなんですよね。とりあえず気になる本を読んで、ひとつでも仕事に取り入れられたら御の字でしょ。

【50%OFF】つい真似したくなる一流の仕事術・厳選95

 

セール期間は 2016年1月14日までなので、気になる方はお早めに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly 

GOBUSATA

2018/12/20

 

 

久しぶりにはてなブログを書く。

 

記事自体は1年以上更新していないけれど、実は下書きとかはたくさんあるのよ!

サボっていたわけではありません!!!!(サボっていました)

 

1年前と何が違うかというと、

①仕事を完全に音楽1本に絞ったこと

②パソコンを買い換えたこと

③一人暮らしを始めること(予定)

です。

だいぶ環境が変わりました。

 

音楽で食べていくのは大変ですね。

私は某音大のピアノ科出身なわけですが、商業音楽の世界に進みたいと思ったとき、どうすればいいのか本当にわからなくて、今も全然わかりません。毎日がギリギリすぎて、一人暮らしが成立するのかヒヤヒヤします。

頑張るしかないです。

でも、好きなことで苦しいのって、楽しい!!ノープロブレム!!生きなきゃ!!

 

このブログを読んだ方、応援してください。

 

ではまた!!

 

(24歳になりました)

20161128153252

靴下は100円ショップのものを愛用しています。

これまで1足100円から2,000円の靴下をいろいろと試してきましたが、最近は100円ショップの靴下で落ち着いています。

 

100円から300円の靴下は違いが分からない

これまでいろいろな靴下を試してみてわかったのは、100円から300円の値段帯の靴下であればあまり違いが分かりませんでした。洗濯した後の消耗具合も同じようなものだし、むしろこれまで購入した靴下は300円くらいのものが一番くたびれるのが早かったです。

 

1足1,000円以上なら長持ちするかも

1足1,000円以上の靴下も購入して履いていた時期がありますが、確かに1足1,000円とか2,000円になってくると靴下の丈夫さも違ってくる気がします。でも、1足1,000円とか2,000円の靴下をある程度の数そろえるとなると、なかなかお金がかかります。

 

確実に長持ちするなら1足2,000円の靴下でも初期投資だと思って買うことができますが、値段が高いからと言ってすべての靴下が長持ちするわけではないので、ちょっと怖くて買えません。貧乏性なので・・・。

 

毎日たくさん歩くから消耗が激しい

私は、雨の日以外は毎日2時間くらい散歩しているので、靴下の消耗が激しいです。しかも、海岸を歩いたりするので靴下も汚れやすいんですよね^^;

 

できれば靴下は清潔で、きれいなものを履きたいので、100円の靴下をガシガシ使って、ガシガシ洗濯して、くたびれたら買い替えるというサイクルが自分には合っています。1足100円の靴下と300円の靴下の違いがイマイチ判らないので、300円の靴下は買わなくなりました。

 

最近買ったダイソーとセリアの100円靴下

最近はダイソーとセリアで100円靴下を買いました。100円靴下でも生地が薄すぎるものはすぐダメになるので、生地が厚めで、よく伸びるものを選んでいます。

 

ダイソーのパイル生地靴下。

パイル生地の靴下は暖かいので冬には欠かせません。普段の服装にも合わせやすいデザインなので4足まとめ買いしました。

20161128153252

 

セリアの100円靴下。

ドット柄がかわいいセリアの靴下。生地が薄めなのが多いのが残念ですが、デザイン性は高いと思います。

20161205120017

 

消耗品はリーズナブルなものを

基本的に靴下は消耗品だと思っているので、リーズナブルなものをこまめに買い替えるのがいいなと思っています。いくら高い靴下が長持ちするとしても、長く履いていると汚れも気になるので、100円靴下をどんどん使って、くたびれたら買い替えるというサイクルにすれば、靴下を衛生的に使えます^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

・美容院の予約はネットを活用

・毛穴の黒ずみゼロへ

・いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

・100円ショップ、セリアのスリッパを愛用する理由。 - ひつじ日和

・100円ショップ・ダイソーでスニーカー用の靴下を買いました!ダイソーの靴下は優秀です。 - ひつじ日和

・靴下は100円ショップを活用。靴下は、少量持ってこまめに替えると清潔感を保てる。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク

 

フィンランドからきたポスクロの封筒。

なんか変。

音がガサゴソするし、厚みも均一ではない。

なんだこれ?と思いながら開封すると、でてきたのがこちら。

パズル!

しかもご丁寧に裏にメッセージ入り…。

発熱で早退していた小1の息子に、「パズル!」と言うと、やってくれた。

完成がこれ。

ムーミンの釣り。

っで、裏のメッセージはどうやって読むのかしら?一つ一つ、

また反対にひっくり返すってこと?

娘が持っていた透明な下敷きを使ったら、

その上に作って、下からのぞけば読める?とせっかくひらめいたのに

娘が学校に下敷きを置いてきたらしい…。

3年ほどポスクロをしているけれど、パズルは初でした。

このパズル、意外にきっちりはまってて、あっさり裏返せた。

「よかったら、文通相手になって」というお誘いが住所と一緒に書かれていた。

喜んで!と彼女のプロフィールを読んで気が付いた、

小1の息子と同じ誕生日。

おぉ~、すごい偶然!と彼女にメッセージを書いていたら、

ポスクロ経由でメッセージが来た。

ロシアの人からで、「あなたと同じ誕生日なの!

私も文通相手を探しているし、よかったら文通しましょ!」と。

おうし座、続々と増加中。


にほんブログ村

あっという間に四月です。

寒い一日でしたが、
日頃行くことがなかなかない新宿へ行ってきました。

この前来たのはいつだろう。。

CD付き ホームステイの英会話リアル表現BOOK

CD付き ホームステイの英会話リアル表現BOOK

  • 作者: イムラン・スィディキ
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

新宿を歩いていると、
若者の街!
と思うと同時に、外国人の観光客がほんとに多いことにびっくり。

団体さんもけっこう見かけました。
カナダだから英語かと思って近づいたらフランス語が聞こえて来ました。(たぶん)

こどもを連れて海外に行けたとしても、長くても数週間といったところ。

今年こそ、ゆるく自宅に来てもらいたいな~という気持ちを思い出しました。

日本に来るという外国人の過多もたくさんいるんですよね~。

新宿ならではでしょうか。

でも、ローカルな街に行ってみたいと思う人も絶対いるので
もしチャンスがあったらやってみたいなと思います。

片付けが進むいちばんのガソリンそれは来客です。

春の断捨離も加速させたい~

いいよ!

2018/07/03


これ、やっぱいい!

西日本地獄絵図

一方北海道の天気は平穏そのものである。まさか北海道が避地になるとは思わなかった。

FEHナーシェン降臨中

まさかのLv35降臨、まだ行ってない。スタミナ回復薬使って育成すればいいけど、今回はそこまでの必要を感じない。別にハードクリアできなくても★★から育成でデメリットは基本ないからなあ。プレイヤーの自尊心にどこまで重きを見るか。

日本とアメリカが「エリア11」と「ブリタニア」化してきた感

まぁ自身は「それでいい」と思っているので問題なかった。(←共産党失格)

明日はビッグデーとフードデー同時

棚をあさっていたらさらにてんぷら粉が出てきたので海苔の天ぷらでも揚げるか。海苔の天ぷら美味いよね。

お裾分け。

2018/04/09

f:id:issikisekkotuin:20161118162748j:plain

患者様からラ・フランスを頂きました。

熟れたらいただきます。

ありがとうございます。

 

お体のことで不安・不調などがあれば、お気軽にいっしき接骨院にご相談ください。

 

 

〒701-1153

岡山市北区富原3910

北村ビル1階

 

☎086-251-0350

 

いっしき接骨院

第C話【取り付き】

 技が出せない。どうする。

「なんだ。お前ビビってんのか。」タイヤンがつつく。

「ビビってなんかいねー。ダイオキシンが大量発生するのを防ぎたいだけだ。」そう、それだけだ。

その瞬間だった。体がふわりと浮いて、タイヤンの中に吸い込まれた。

「「どうだ。倒せんだろ。」」

もう、ダメだ。これが取り付きか。取り付くじゃね?何て考えていたら、俺の頭に衝撃が加わった。

二人のキックだ。

その瞬間俺の体は再びふわりと浮いてもとの場所に立っていた。そして暗黒タイヤンは消えていた。

「ありがとう。」そう二人に言うと、何時もの焼肉屋に向かった。


続く?

                   to be continued…