タイ国元首相 ククリックド・プラモード氏

「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、
産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に
話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本という
お母さんがあったためである。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を
示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。」
(十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」)


インド元大統領 ラグ・クリシュナン氏

インドは当時、イギリスの不沈戦艦を
沈めるなどということは想像もできなかった。
それを我々と同じ東洋人である日本が
見事に撃沈もした。
驚きもしたが、この快挙によって
東洋人でもやれるという気持ちが起きた。
(昭和44年「日本経済新聞」)


インドネシア元情報宣伝相 ブン・トモ氏

我々アジア・アフリカの有民族は、
ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、
全部失敗した。
インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。
それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を
我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、
アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。
一度持った自信は決して崩壊しない。
日本が敗北したとき、
「これからの独立は自力で遂行しなければならない。
独力でやれば五十年はかかる」と思っていたが、
独立は意外にも早く勝ち取ることができた。


インド極東国際軍事裁判判事 ラダ・ビノード・パール氏

要するに彼ら(欧米諸国)は
日本が侵略戦争を行ったということを
歴史にとどめることによって、
自らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、
日本の17年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)
の一切を罪悪と刻印する事が目的であったに違いない。
私は1928年から1945年までの
17年間の歴史を2年7ヶ月かかって調べた。
この中にはおそらく日本人の知らなかった問題もある。
それを私は判決文の中に綴った。
その私の歴史を読めば、
欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人である
ということがわかるはずだ。
それなのに、あなた方は自分らの子弟に、
「日本は犯罪を犯したのだ」
「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。
満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、
どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、
卑屈、頽廃に流されていくのを
私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
あやまられた歴史は書き換えなければならない。
(昭和27年11月5日、広島高等裁判所での講演)


韓国 韓日文化研究所 朴 鉄柱 氏

大東亜戦争で日本は敗れたというが、
敗けたのはむしろイギリスをはじめとする
植民地を持った欧米諸国であった。
彼らはこの戦争によって
植民地をすべて失ったではないか。
戦争に勝った敗けたかは、
戦争目的を達成したかどうかによって決まる、
というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
日本は戦争に敗れて戦争目的を達成した。
日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、
「聖なる戦争」であった。
二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、
しかし彼らは英霊として
靖国神社や護国神社に永遠に生きて、
国民尊崇対象となるのである。
(昭和42年10月)

 

これを見つけて読むに当たり敗戦国の真実と

戦勝国の真実は同じとは限らない(当たり前ではあるが・・・)

ただ戦争とは結果空しいものではある

しかし

人はそういったことをする生き物なのだと思いましたね